ホーム > NEWS > メリットのあるのが個人再生

メリットのあるのが個人再生

自己破産を検討する人で自分の借り入れにあたり保証人となる人物が存在するときには早い段階で相談しておいたほうがいいでしょう。

 

もう一度、改めて言いますが、ほかに保証人が存在する場合は自己破産の前段階で前もって検討しておかなければなりません。

 

その理由は自分が自己破産をしてOKが出るとその保証人がその借金をまとめて果たす義務があるからです。

 

ですから、破産をする前に保証人に、その内容や現状について説明しつつ、お詫びをしておかなければいけないでしょう。

 

保証してくれる人からすると当然のことです。

 

破産申告するのが原因で、強制的に何百万円もの負債が発生するのです。

 

そうすると、以降の保証人である人の選べる道は以下の4つになります。

 

まず保証人となる人が「全額返す」という選択肢です。

 

その保証人がその多くのいとも簡単に完済できるほどのようなカネを持ち合わせていればこの手段が可能でしょう。

 

そういう場合はむしろあなたは破産せず保証人となる人にお金を貸してもらって、保証人に毎月返していくという手順も取れるかと思います。

 

保証人が自身と関係が親しい場合は少しだけ完済までの時間を考慮してもらうことも問題ないかもしれません。

 

耳をそろえて返済ができなくても、貸金業者も話し合えば分割による支払いに応じるものです。

 

あなたの保証人にも自己破産を行われてしまうと、カネがまったく戻らないことになってしまうからです。

 

保証人があなたの借金を代わりに負う経済力がなければ、あなたと同じくどれかの債務整理を選ばなければなりません。

 

続いてが「任意整理をする」処理です。

 

この方法を取る場合貸した側と相談することにより、5年ほどの年月で完済をめざす形を取ります。

 

お願いするときの費用の相場は債務1件ごとに約4万円。

 

7社から債務がある場合28万かかることになります。

 

相手方との話し合いは自分でチャレンジすることもできないことはないかもしれませんが法律の知識のない素人の場合向こうが自分に有利な案を勧めてくるので、注意する必要があります。

 

また、任意整理で処理する場合はあなたの保証人にお金を払ってもらうわけなので、あなた自身はたとえ少しずつでもあなたの保証人に支払いをしていくべきでしょう。

 

続いて3つめは保証人も破産した人とともに「自己破産をする」という選択です。

 

保証人である人も債権者とともに破産手続きをすれば保証人となっている人の返済義務もなくなります。

 

しかし、もし保証人がマンション等を所有している場合は価値のあるものを失ってしまいますし、証券会社の役員等の職についているならば影響があります。

http://okc388ew.meblog.biz/

そのような場合、個人再生という処理を活用するといいでしょう。

 

最後に4つめの方法は、「個人再生という制度を使う」こともできます。

 

土地建物等を残して債務の整理を希望する場合や、自己破産手続きでは資格制限にかかる職にたずさわっている人にメリットのあるのが個人再生です。

 

この方法の場合、自宅は処分する必要はありませんし破産宣告の場合のような職種の制限、資格制限がかかりません。

 


関連記事

  1. 食事改善でニキビを無くす

    学生時代は実家暮らしの為、三食黙っていればバランスのとれたご飯を食べることが出来...

  2. メリットのあるのが個人再生

    自己破産を検討する人で自分の借り入れにあたり保証人となる人物が存在するときには早...

  3. テスト

    テスト記事です。...