ホーム > 経済 > わずらわしい取り立て

わずらわしい取り立て

特定調停による方法も任意整理による処理と同じように、おのおの債権を有する者へ支払いを行うことを選択する債務の整理の手だてとなります。

 

他の表現でいうなら裁判所がやる任意整理ということができます。

 

特定調停という方法も任意整理による処理と同じように、破産手続きとは違い一部分の負債だけを処理することが可能ですので、他の連帯保証人が関与している借入を除いて検討していく場合や自動車ローンの分以外について手続きをしたい際などでも使用することも良いですし全ての財産を放棄する必要がないので住宅などの資産を持っていて、放棄したくない状況においても活用できる借金整理の手続きです。

 

いっぽうで、手順を踏んだ後返済が必要となる額と実際として可能な所得額をかんがみて、妥当な範囲で返済の目処が立てられるのであれば手続きを進めることに問題ありませんが自己破産と異なり負債自体がなくなるということではないため、借金の総額が巨額なような場合は、この特定調停という選択肢を選ぶのは難しくなるということになるでしょう。

 

さらに、特定調停による解決は国の機関が間に入りますので弁護士事務所などに依頼しなくても不利な立場に立たされることはないということとか金額を圧縮できるというメリットは注目できますが、わずらわしい取り立てに対し対処しなければならないことや、管轄の裁判所に何度も行くことが必要になるなどの注意点もあります。

 

任意整理による方法と比べると、解決できないといった場合は利息をすべて付けた状態で払っていく必要があるということや最終的にお金の貸し手に払っていく総額が任意による整理に対して高くなる場合が多いといった覚えておきたい点もあります。

 


関連記事

  1. わずらわしい取り立て

    特定調停による方法も任意整理による処理と同じように、おのおの債権を有する者へ支払...

  2. テスト

    テスト記事です。...